70代 体が傾き、首と腰が痛い ~治療レポート~

〇主な症状

  1. 首が痛む
  2. 肩がこる
  3. 指がシビレる。とくに右がシビレる。

前後、左右、そして深さ。

狙い通りの筋肉や神経をゆるめる(マッサージ)ことが達成できたら

それだけでも骨は動いてくれます。

〇これまでの経過

  1. 約5年前に大腿骨骨折をきっかけに人口股関節置換手術を受ける(右)
  2. 首が痛くて眠れない
  3. 腕、手がシビレる(糖尿病ではない)

 

〇施術の方針

  1. 頚椎の左右のズレ、およびネジレを取り、痛みを取ること
  2. 体の傾きの根本を探りながら、なるべく傾かないようにすること
  3. 比較的高齢なので、筋肉と神経をゆるめながら矯正することとする。スピーディーな矯正はなし。

全身の写真などは…

ビフォア↓

アフター↓

〇私のコメント

首の施術は最も気を付けないといけない箇所です。

やたらと強い施術などはかえって危険です。

施術で筋肉や神経を傷めることなどあってはならず、

しかし狙った筋肉や神経をちゃんとゆるめて(マッサージをして)緊張を取り除く必要があります。

 

施術中、私はよく話しかけます。

会話ができる状態で首の筋肉や神経をゆるめていきます。

かつ、歪んだりズレたりした骨を徐々に動かしていきます。

正常な位置にもどった骨は上に伸び、骨と骨の間から出る末梢神経が楽になります。

今回重要な筋肉は斜角筋と胸鎖乳突筋、

神経は腕神経です。

 

その上で患者さん自身がストレッチや筋トレなどで鍛えてください。

骨をズレにくくするのは日々の努力が必要です。