タグ別アーカイブ: 腰痛

腰の骨(腰椎)が出っ張って痛い

前回、前々回とは違う原因で、体が傾いて腰が痛む患者さんのことを書いてみます。

今回のブログのポイントは

横から見た時の腰の形です。

問題は

腰の骨が(腰椎)出っ張っているということです。

本来の弯曲とは逆になっている。

実際の患者さんの例から考察してみましょう。

〇60代男性、会社経営

  1. 会社で椅子に座っていると腰が痛くなる
  2. 出張が多く、長時間電車などに乗ると腰が痛くなる
  3. 胃腸が弱い

続きを読む

50代 男性 長時間座ると発症する腰痛と足痛

前回とは違う原因で、体が傾いて腰が痛む患者さんのことを書いてみます。

〇主な症状

  1. 会社で椅子に座っていると腰が痛くなる
  2. 足、とくに左足の付け根、左足の膝近くが痛む
  3. 体が傾く(通院当初は杖を使用)

 

〇ご来院時の様子は…

絵にすると下の図のような様子で来院していただきました。

前回レポートした40代の方と同じ様子ですが、原因は違います。

同じ方向に傾きますが、今回は腰から左の股関節にかけて主な原因があります。

 

施術する者として、思い込みは遠回りの原因になることがあります。

視て、触って、聞いて施術に入ることが大切です。

続きを読む

腰痛の治療 ~ストレートウエスト③

なぜストレートウエストになるのか?

腸腰筋の働きについてもう少しお話しましょう

↓このように太ももを上にあげる時に作用するのが腸腰筋です。

ところが、さまざまな理由で弱ります。

腰痛で足が上げられないなど

そういった状態が長く続くと、腰を引き締める力が低下します。

waist002

続きを読む

腰痛の治療 ~ストレートウエスト

ストレートネックによる首の痛みについては一般的によく聞きます。

しかし、腰について『ストレートウエストなんです。』と言って来院された患者さんはいません。

 

IMG_0506b

今日来院された患者さんの脊柱のイメージです。

紫色で示したところがダルい、または痛むとのこと。

経緯をお聞きすると…

続きを読む

やっぱり、歩きましょう

歩くことは全身運動です。

筋肉を動かすだけでもさまざまな指令が脳から発せられます。

バランスを取りながら、力を入れたり、ゆるめたり。

 

そのほか、あらゆる神経を使います。

移り行く景色を見ると、「キレイだなぁ」とか

「風がちょっと冷たくなったかな?」とか

お知り合いに会ったりすると、「やあ、元気?」と声をかけたり…

 

でも、気があるのに歩けない、という方もいらっしゃいます。

続きを読む

自分で歩き方を気を付ける

本を読み進んでいます。

さて、健康のために歩く

でも、どのように歩くか?意識していますか?

加齢とともに筋力が落ちて困るのは関節が安定しなくなることです。

これを防ぐために、『インナーマッスルを鍛えよう』と言われています。

歩くとき、私は気を付けています。

続きを読む

加齢にともなう筋力の低下

若い頃にどんなに身体を鍛えても、加齢とともに筋肉は衰えます。

とくに顕著なのが腹筋です。

20代を100とすると70歳で70~60程度まで落ちます。

その次に足。

なかでも膝を伸ばしたり、太ももを前に上げたりする筋肉。

太もも前部の筋力は急速に低下します。

 

予防するには…

続きを読む

腹圧をあげましょう

腰痛の患者さんによくオススメします。

身体を直立させるときには、背骨の両側の筋肉が働きます。

もう一つ、腹筋を働かして、腹圧を上げることでも直立させることができます。

腹筋を緊張させると腹圧が高まり、胸部が上に押し上げられるので、立ち上がれるのです。

私の感覚ですが…

続きを読む

腰痛について考える ~骨盤編~②

骨盤は仙骨と腸骨で形成されています。

さて腸骨とは腸を支えるのでこういう名前になっています。

zakotsu300200d

 

画像にすると、こんな感じです。

仙腸関節がしっかりしていて、安定しているといいのですが、

筋力や靭帯の力が低下して、骨盤が不安定になると…

続きを読む